好きなことを仕事にするのは難しい?

好きなことを仕事にするのは難しい?

分かりません。そもそも好きなことが何か不明なので(脱サラして探すことにします)

もうね、脱サラしたくて、したくて、たまりません。

日曜日のこの時間(今22時過ぎ)は特に憂鬱で、本当に会社に行きたくない!…と言う後ろ向きな気持ちに完全に支配されてしまいます。別にブラックでも何でもない会社です。それでも行きたくない。

(なぜ行きたくないかの詳細は省きますが、一言で言えば人間関係です)

50歳になろうと言う人間が「会社に行きたくない!」と毎週のように、いや毎日のように口に出してしまっていること自体、本当に恥ずかしいし、嫌なことだなと思います。

だから、、、

脱サラすることについては、自分の中ではもう決定事項です。

確かに動機は不純です。会社に行きたくない!…から始まってるから。

脱サラついでに、好きなことを仕事にしたいと言う思いもある。

しかし、得意なことはあるにせよ、何が好きなことなのか?…と言うことについては、正直全く分かりません。

それも何だか悲しいですよね?

50歳…これは節目と考えます。

自分自身が好きなこと、本当にやりたいこと、喜びを持って取り組めること。

まだまだ動ける「今」だからこそ、それを見つけたいなと。家族がいるから、借金があるから、むしろそれらのことがあるからこそ「今」動きたいなと。

今回の脱サラは、好きなことを見つけ仕事にするための第一歩!

…と、もっともらしいことをツラツラと書いてしまいましたが、ぶっちゃけ全て後付けの理由です。

でもそんなことはどうだっていいんです。

内なる自分の声に耳傾けて、全力行動するのみです。

そして同時にこれは、自分への賭けです。この賭けに負けたら…と思うと、怖くて怖くてたまりません。

でも現状に留まる方がもっと怖い。

…ってことで、先ずは妻からの許可を得ることに注力します。それが絶対条件だから。(ちなみに、脱サラのことでここ最近毎日喧嘩しています…泣)

あわせて読みたい
明日から本気出す!(脱サラ始動編)
明日から本気出す!(脱サラ始動編)明日から本気出す!このタイトルで記事を書くのは、何気に三度目となります(__)何のために本気を出すのか?なりたい自分になるためなりたい自分とは?人間関係に縛られ...

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 奥さんと離婚する。慰謝料を払う。お子さんがいれば養育費も払う。借金をしてでも払う。

    それからじゃないですか

  • >匿名さま

    おはようございます&コメントありがとうございます!

    肝に銘じます。
    でも離婚してでもやりたいことではないので、その順番にはなりません。そして離婚にならないように進めていきます。(頑張ります!)

  • 脱サラしたい真の理由は会社の人間関係への疲れだったんですね。やっとわかりました。
    夜は眠れてますか?私は心療内科で薬をもらってから快眠できるようになりした。
    そして異動を機に薬も要らなくなりました。

    奥さんを説得しても事業がうまくいくことになりませんよね?理詰めで説得できないなら別の選択をすべきです。奥さんが根負けするまで「脱サラしたい、したい」では駄々っ子と同じ。
    まずは心療内科と異動の実現に全力をあげてみてはどうでしょう。

  • 匿名さん <2019年12月9日 08:40 コメント分>

    こんばんは!
    いつもコメントありがとうございます。

    はい、人間関係です。むしろそれだけの理由です。とにかくメンドクサイ。気を遣うのがもうそれは本当にメンドクサイ。皆、自分勝手なんです。もちろん私を含めてです。

    価値観の違いは仕方のないことなのですが、仕事上で同じ目的・目標に向かって、同じ価値観を共有できないと言うのが、それはもう本当にストレスなんです。悩みまくりなわけです。そんなに悩むぐらいなら、自分のことだけで悩みたいと思うわけです。

    >夜は眠れてますか?
    年を追うごとに、ストレス耐性が強くなっているのか、夜は比較的眠れています。ただ日曜日の夜だけは、寝たくないなぁ~と言う気持ちになります(朝を迎えるのが嫌だからです)

    異動については、上記理由で、既に1回申し出て実現しています。しかし、自分の性格を変えない限り、結局どこに行っても同じかなと思っています。

    脱サラについては、もちろん甘いと言われればそれまでなのですが、反面、楽観視している自分もいます。しかし、それには絶対に妻の理解と協力が必要なのでそれが無理なら諦めます。

    またコメントしてください!
    よろしくお願いいたします。

コメントする

目次
閉じる