借金の経緯

借金の経緯<05>ひと休み

借金の経緯<05>ひと休み
【1999年】

久しぶりの実家での生活。

実家はやっぱり落ち着く。親の小言はなんとも面倒だが、それを除けば楽チン生活だ。お金はないけど、ある意味悠悠自適な生活を送った。

 

さすがに電話はしなくなった。

電話をしたらすぐにバレると言うより、する必要がなくなった。したいとも思わなくなった。本当に不思議である。

 

寂しいだけだったのかなぁ~

 

仕事はアルバイトのみで、月に10数万円程度の稼ぎ。

クレジットカードなどは全て親に預け、アルバイト収入も含め全て親の管理とした。何だかとても楽な気持ちだった。ずいぶんとお金に振り回されていたんだと実感。

 

そんなこんなで1年が経過…

 

すっかり電話依存もなくなり、本来の自分を取り戻していた。自信も持ち始め、新たな仕事にチャレンジしたい!と言う気持ちになっていた。

このままぬくぬくと実家暮らしを続けるわけにもいかない。

 

俺はもう大丈夫!

 

完全に復活した!!

 

そして親の心配をよそに、新たな仕事を決め自立を目指し再上京。一人暮らしを敢行したのである。両親の援助を受けて。(なんとも矛盾した行動である。支援を受けている時点で自立になってない)

なにわともあれ、新しい仕事に、新しい住まい。自然と心が躍る。

 

よし、頑張るぞ!

 

あとがき

両親は金持ちでもなんでもない。ごくごく普通の家庭である。バカ息子のおかげで、無駄なお金をいっぱい使わせてしまった。

本当にごめんなさい

借金の経緯<06>簡単すぎる人生に、生きる価値などない 新生活の始まり! わくわくどきどきっ!! 1年余りの実家生活の後だったので、本当に心が躍っていた。 悪循環によるダメ...