借金の経緯

借金の経緯<07>どん底なんてない!どこまでも落ちていける

借金の経緯<07>
どん底なんてない!どこまでも落ちていける

【2002年~2003年】

 

600万円

 

これは2004年3月時点での借金総額です。

 

絶望

 

この時期はまさに絶望の中を生きていたと思います。

 

ちなみに借入先は、この2年間でどどーんと増えて計8社(10ブランド)+知人。それぞれの借入額は以下の通り。

01. NICOS 150万円
02. プロミスJCB 30万円
03. ACマスター 10万円
04. プロミス 200万円
05. モビット 30万円
06. レイク 50万円
07. アコム 30万円
08. アイフル 10万円
09. スタッフィ 30万円
10. ポケット 10万円
* 知人(3人) 50万円

この期間は借入額と同額程度の年収があったのですが、それでいてこのハチャメチャぶり。一体何に使ったのか?

※使った金額の割合:◎高い ○普通 ×低い

◎ パチスロ
◎ 電話(ツーショットダイヤル)
△ ツーショットチャット
○ 風俗
◎ 日々の無駄遣い

◎ パチスロ

そんなに行った記憶がなかったんだけど、よーく思い出してみると、毎週末少なくとも月に4回ぐらいは行っている。いや、もっと行ってるか。しかも必ずと言っていいほど“大負け”。負け額の最高は10万円。

やっていた機種は、大花火・吉宗・北斗の拳…etc(忘れた)

◎ 電話(ツーショットダイヤル)

相変わらず掛け続けてました。寂しがりやなんです。話すだけなのに、めちゃめちゃお金を使ったよ。なぜにもっと他のことに目を向けられなかったのか?

△ ツーショットチャット

なんじゃこりゃ?って感じですが、ようは電話のインターネット版です。

本人の生の映像が見られるので、電話より親近感がわきます。一時ですが、めちゃめちゃはまりました。こちらは電話よりも利用料は高く、1時間で1万5千円ぐらい掛かります。って言うか、ただ話す(チャットする)だけなので完全に使い方間違ってます。総じて、友達居ないのか?って感じです

○ 風俗

パチスロで負けて、そのモヤモヤを風俗で解消!と言う図式。しかも、話をするだけで帰ってきてしまうことの方が多かったから、こちらも完全に意味不明です。って言うかね、店に入った瞬間空しくなるんだよね。何やってんだろう?って。

そもそも、心の不満足を下半身で解消しようとしても、ダメなんだよっ!!

◎ 日々の無駄遣い

前章でも書きましたが、これが何気に大きい。たぶん、他のことにお金を使っていなくても、この無駄遣いだけで赤字生活になっていると思います

書いていてほんとにバカらしくなる。

でもね、はまっている時って言うのは、悲しいくらい自分で自分を制御できない。客観視できる自分もいるんだけど、どうしても止められない。だから余計に辛くなる。

そしてその辛さから逃げ出したくてさらに現実逃避へと進んでいく。

 

循環

 

この言葉がぴったりです。

この悪循環を断ち切るために、色んなことをしてきました。今思えば、どれもこれも現実逃避なんだよね。全て他力本願なんです。自力でなんとかしようとは思っていない。誰か助けてくれないかなぁ~って感じです。

 

その一例…

借金の最大の原因は【電話】(ツーショットダイヤル)でした。なのでなんとかこれをストップさせたい。

電話を掛けてしまうのは夜です。夜、そばに誰かが一緒に居てくれたら。安易ながらもそう考えました。

 

そこで取った行動はルームメイト募集です。

「ルームメイト募集掲示板」と言うのがあってそれを利用。結果的に何名かとルームシェアを体験しました。でも余計にストレスが溜まってしまって、さらに意味不明な状態になってしまったと言うオチでした。

 

果たして、人はどこまで落ちていけるんだろう?

 

その答えは、自分で自分を支えない限り、どこまでも落ちていく! と言うことだと思います。

 

あとがき

苦しみながらもひとつだけ分かったことは、誰も助けてくれないと言うこと。(正確には助けてあげたくても、助けられない)

自分を助けてあげることができるのは、他の誰でもない、この世でただひとり 自分自身 だけってことです。

自分を大切に。

借金の経緯<08>自己破産? or 自力返済? 2004年4月、借金で首が回らなくなり、またしても精神的にボロボロになったので、再上京後から3年間続けた仕事を辞めタイミング良く...