借金の経緯

借金の経緯<02>趣味としてのパチスロ通い

借金の経緯は人ぞれぞれ。人には言えない、あるいは思い出したくない理由もあるでしょう。私もそうです。

しかし、過去を振り返り、改めて自分の弱さを直視することは大切なことと思います。記事作成にあたり、しっかりと過去の自分と向き合って、有意義な「何か」を感じることができたらなと思います。

 

借金の経緯<02>趣味としてのパチスロ通い
【1993年~1995年】

新社会人!

わくわく、どきどき、サラリーマン生活の始まりだ!!

 

が、就職してもなお、パチンコ、パチスロは続けた。

 

就職にあたり、当時付き合っていた彼女とは遠距離恋愛となり、会えない週末はほぼギャンブル週末と化した。

当時は「朝一モーニング」と言うサービスがあり、それ(朝一のスベリ)目当てに毎週、雨の日も、風の日も、さらには雪の日も、開店30分前にはギャンブル仲間と並んでいた。

その様は、一般通行人には異様な光景だったんだろうと思う。

 

ドリームセブンJr.(裏もの?)これは本当にハマりました

出展:コナミアミューズメント

 

まぁ、それはそれで楽しかったわけですが、当然ながらお金は残らず、給料が入ってはパチンコ屋に貢ぐ意味不明な生活が続いた。手持ちがなくなれば、借金をするまで。

さらには彼女と会うことよりも、パチンコ屋で遊ぶことを選んでいたような気もする。そんな訳で、彼女との別れも必然的に訪れた。

この間、借金の方は順調に返済(って言うか、返済とは言わない。同じところから借りて返す)を続けたことで、ショッピング枠60万円、内キャッシング枠30万円ぐらいにはなっていたと思う。いわゆる信用UPである。

 

しかしながら、なぜにギャンブルに浪費している人間を信用するのか?

信用して、限度額を上げて、じゃんじゃん貸すほうも悪い!普通に考えたら返せるわけないでしょ?(まぁ、ギャンブルをやってるかどうかなんて分からないか)

 

この頃はまだ、学生時代に作った信販系のカード1枚だけだったので、少しばかりの自己嫌悪のみで、精神は病んでいなかった。

 

あとがき

学生時代にまるで勉強らしきことをしてこなったので、ちゃんと仕事はできるのか?との不安はあったが、新人研修制度が充実していたことと、配属先に恵まれたことでその不安はすぐに一掃された。

パチンコ・パチスロ以外にも、スキーや釣り、野球観戦など、他の遊びにもお金を使い、さらに会社帰りに飲みに行く機会も多く、何気に充実した日々を過ごしていた。

仕事も順調で自信満々にこなし、会社に行くのが楽しみであった。

借金はしていたものの、社会人としては一番輝いていた時期であった…と今は思う。

借金の経緯<03>転落人生のきっかけこんにちは。プラネットです。 どこまでぶっちゃけるべきなのか?知ってる人にバレたら恥ずかしいなぁ~など、色々な気持ちが錯綜し、何を...