MENU

リボ払いが終わらない!リボ払いのデメリットを通じて罠や恐ろしさを知る

2019 11/10
リボ払いが終わらない!リボ払いのデメリットを通じて罠や恐ろしさを知る
プラネットのアイコン画像プラネット

多重債務者の救世主!その名もリボ払い…これまで何度助けてもらったことか。そして今も。

koyukiのアイコン画像koyuki

救世主って…

sakiのアイコン画像saki

まるで正義の味方ね

zunのアイコン画像zun

こりゃ一生、借金地獄からは抜け出せんな


リボ払いとは?

正式名称はリボルビング払い…クレジットカードの支払い方法のひとつで、毎月の支払額を一定にすることができます。例えば10万円のものを購入した場合でも、毎月の支払額は5000円だけ…と言った感じで、とても便利で管理も簡単な支払い方法です

当面お金がない場合でも、毎月少ない金額(一定額)をコツコツ支払っていけば良いので、うまく利用すれば本当に便利な支払い方法となります。

しかしこれが、甘い罠!

毎月の支払額が一定である安心感ゆえ、欲しいものがあれば即購入。気づいた時には支払総額が巨大化し、支払っても支払っても、なかなか借金が減らない事態に陥ります。

正に今の私…

この記事ではリボ払いのメリット、デメリットを通じて、その恐ろしさについて確認します。

目次

リボ払いとは~こんなに便利なメリットが!

  • 手もとにまとまったお金がなくても欲しい商品が買える
  • 毎月の支払いが一定額になる。支払管理も超カンタン
  • 余裕がある時に繰上返済が可能

リボ払いには、優れたメリットがあります。うまく支払い管理できれば、高額商品も即座に手に入れることができるのです。

手もとにまとまったお金がなくても欲しい商品が買える

「これ欲しい~!でも当面お金がない…」

借金持ちとしては、そんなことは日常茶飯事です。

もちろん我慢することもあると思いますが、どうしても今欲しい、今買わないと次は手に入らない…と言うこもとあるでしょう。

そんな時にはリボ払い!毎月の支払額を負担のない額に設定しておけば、5千円や1万円と言った最低金額をコツコツと支払っていくだけで良いのです。

毎月の支払いが一定額になる。支払管理も超カンタン

リボ払いの大きなメリットは、毎月の支払いが一定額になると言うこと。

例えば一般的な分割払いの場合は、購入代金を分割回数に分けて支払いを行っていくことになりますが、手数料が必要になり1円単位の細かな支払いをする必要があります。

しかしリボ払いであれば、5000円とか1万円のような定額での支払いとなるので管理するまでもありません。

「あと5000円、余分に銀行に入れておけばいいんだな…」

こんな感じで済みます。

余裕がある時に繰上返済が可能

購入してから少しお金に余裕ができた時には、繰上返済することで手数料(利息)を安く抑えられます。

カード会社が運営するインターネット専用サイトにおいて、支払い額を変更を含めた管理が可能です

リボ払いの甘い罠~デメリットを知って恐ろしさを知る!

  • 手数料が高い
  • 支払総額が高くなる
  • しかしそこに気付かない! (気付こうとしない)

リボ払いのメリットをお伝えした後は、恐ろしいデメリットについてです。

しかしメリットがあまりにも大きすぎて、デメリットに気付きにくい…おそらくそれがリボ払いの最大のデメリットなのです。

手数料が高いので支払総額も高くなる

購入代金200,000円
月々の支払い5,000円
利率15.0%
支払い回数56回
支払い総額278,954
手数料78,954

【元利定額リボ払いシュミレーション】

上の表を見てください。

20万円の商品を購入し、月々の支払いを5,000円にしました。利率は一般的な実質年率である15.0%に設定してシュミレーションしてみると…

なんと、支払総額278,954円…手数料だけで78,954円も支払うことになります。しかも56か月(4年8か月)も支払い続ける必要があるのです。

78,954円もあれば、高性能スマホが買えるぐらいの大金。先ずはその金利の高さに気付くことが重要です。

手数料の高さに気付かない!そして…

実は一般的にリボ払いする人は、手数料の高さに気付いていません。一定額の返済で済む…と言う安心感、そしていつかまとまったお金が入ってから返せば大丈夫…と言う根拠のない自信。

ちなみに今、リボ払いしている方…手数料は何%なのか把握してますか?またいつ返済が終わって、支払総額がどれくらいになるか知ってますか?

おそらくそこまで管理できている人は多くありません。逆に「月々の支払いは3万円までは大丈夫」と考え、次々にリボ払いで商品を購入するようになってしまうのです。

しかし先ほどのシュミレーションでも見た通り、20万円の商品を月々5千円で購入した場合、15%の金利だと56か月に渡り支払い続けなければなりません。そしてこの返済期間が長ければ長いほど、支払総額が雪だるま式に増えていき、最終的に支払い不能に陥ってしまうのです。

プラネットのアイコン画像プラネット

恐ろしい…

○まとめ

リボ払いには大きなメリットがあります。

  • 手もとにまとまったお金がなくても欲しい商品が買える
  • 毎月の支払いが一定額になる。支払管理も超カンタン
  • 余裕がある時に繰上返済が可能

反面、手数料が高いことに全く気付かないと言う…恐ろしいデメリットが存在します。

毎月の利用明細書はしっかりと確認して、どれくらいの支払いをしなければならないのか、常に把握しておくことが重要です。


sakiのアイコン画像saki

デメリットは十分理解できたけど、全く説得力がないわね

プラネットのアイコン画像プラネット

面目ありません…


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

目次
閉じる