雑記

債務整理/任意整理をしない理由

ここで言う債務整理は「任意整理」のことを指します。

私は専門家でもないし、任意整理自体が未経験ですので、言葉足らずのところ、認識違いのところがあるかと思います。その点ご了承下さい。

任意整理とは?

簡単に言うと、「利息制限法により利息の再計算を行って債務額を減らし、月々の返済額を軽減・一定化すること」になると思います。

任意整理のメリット・デメリットは?

メリット

  • 借金が減額される可能性がある
  • 任意整理以降利息を払わなくても良い
  • 借金完済までの道筋が見えている
  • 介入通知により、督促がなくなり返済も一時ストップできる
  • どこからも借りられない状況を作ることができる
  • 利息の払い過ぎ分が借入元金を超えていると、お金が戻ってくることもある

 

×デメリット

  • ローン会社からのからの信用を失くす
  • しばらくの間ローンが組めなくなる
  • 将来的なデメリットが見えない

 

メリット、デメリットを比較すれば、任意整理をした方が得策のように思います。ではなぜ私がその昔 “任意整理” ではなく “自力返済” を目指したのか?

・あまり減額が期待できなかったこと
・実際のデメリットを想像することができなかったこと
多重債務であることが問題なのではなくて、借金を作ってしまった経緯と体質に問題があること

 

もう少し踏み込んで言うと、正直怖かったのです。

・身内に迷惑は掛からないのか?
・債権者全てがすんなり和解に応じてくれるだろうか?
・デメリットの不安を抱きながら、前向きに生活していけるだろうか?

 

ともあれ、たとえ借金がチャラになろうとも、問題の根本解決にはならないと考えたわけです。あくまでも【私の場合】です。

 

メリット、デメリットは、人それぞれ違ってくると思います。

大切なのは、任意整理をするにしても、自力返済を目指すにしても、それら決意に対する気持ちの問題だと思います。

ただ楽になりたいではダメです。

自分の【今】そして【将来】を真剣に考え、これまでの自分を見つめなおし、その結果、納得のいく前向きな結論が導き出されたのであれば、任意整理であれ、自力返済であれ、良い結果になると思います。