日々葛藤

打倒!怠け者…結果が出るまで何が何でも行動を続ける(期限付き)

怠け者はいつも何かをしたがっている。
ヴォーヴナルグ 出典:名言ナビ

【要約】怠け者は何もしていないから怠け者ですが、かといって、何もしたくないわけではありません

 

うーん、言い得て妙な言葉です。

 

しかしながら、人間はなぜ怠け者なのだろうか?

 

もとい…私と言う人間はなぜ怠け者なのだろうか?

 

デフォルトが怠け者(怠惰)であるからして、毎日その壁を打ち破ると言うのはとんでもなく大変なことです。そして打ち破れなかった時の自己否定感が半端ない。

反面、それを和らげるための言い訳については、次から次へと湧いて出てくる。

やれ疲れた、やれ眠い、やれ時間がない、やれネタがない…そんなことだから、この週末もやろうと思っていたことの半分もできてない…(はふぅ~)

 

継続は力なり

誰もが心に刻む名言です。

しかし継続できない。

 

なぜか?

 

怠惰の森から生まれてきたのでしょうか?(ちょっと何言ってるか分からない)

 

思うに、強烈なモチベーションがないからだと思います。

 

いや、借金を完済する、脱サラする…と言う目標があるじゃないか?

 

目標はある。しかし、今取り組んでる #朝やる宣言 これを継続→実行し続ければ、借金完済が約束されていますか?脱サラが約束されてますか?…と言う話。

ブログを毎日欠かさず更新すれば、借金完済が約束されていますか?脱サラ約束されてますか?…と言う話。

 

答えはNo!

だから萎えるのです。

 

少し視点を変えます。

一年間 #朝やる宣言 を継続→実行し続けることができたら、借金があろうがなかろうが脱サラする!

 

いや待て。これじゃダメだ。

借金完済の目途がたっていなければ、実現性は低い。

さらに逆転の発想で…

 

一年間継続しても、何の成果も得られなかったら脱サラを諦める。

 

つまり…

結果が出るまで何が何でも行動を続ける!(期限付き)

今からざっくり1年(2020年7月まで)と言うことで…

 

何が何でも…と言いながら期限付き。少し矛盾してるけど、何が何でも一年間で結果を出すと言うことで all right

 

まとめ

打倒!怠け者…

  1. 強烈なモチベーションを作る(1年で結果が出なければ脱サラを諦めることになる)
  2. 逃げられない状況を作る(ブログ・Twitterで公表)
  3. 淡々と積み重ね習慣化する
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA